「選択肢の多い治療法」患者様の生活を考慮し、負担の少ない治療法をおすすめしています。
  • 健康のために
  • 検診
  • 治療


子宮頸がん検診

予防できる子宮頸がん〜子宮頸がんを知っていますか?

子宮頸がんとは?

子宮
子宮の入り口付近(子宮頸部)にできるがんです。日本では1年間に約15,000人が子宮頸がんにかかり、約3,500人が亡くなっているといわれています。
特に20~30代に急増しており、若い女性の妊娠や出産の可能性を脅かし、尊い命に関わる病気です。
HPV(ヒトパピローマウィルス)に感染することが原因といわれています。これは皮膚や粘膜に存在する、ごくありふれたウィルスです。数百種あるといわれ、子宮頸がんの原因となるのは、そのうちの15種類ほど。発がん性HPVは主に、性交渉によって感染します。女性の約80%以上が一生に一度は感染するといわれていますが、ほとんどの場合は自然に排除され、子宮頸がんになるのは、感染した人のうち約1%未満であると考えられています。また感染からがん化するまでには、数年~10数年かかります。何度でも繰り返し感染することがありますので、予防や定期的な検診が大切です。

症状

●がんになる前(前がん状態)や初期
ほとんどの場合、無症状
●進行した子宮頸がん
性交時出血
おりものの異常(茶褐色、黒褐色のおりものが増える等)
不正出血(月経時以外の出血)
下腹部や腰の痛み など
発がん性HPV


相談コーナー