「愛される病院を目指して」医師と助産師、看護師が、安全なお産と皆様の健康をしっかりお守りします。
  • 診療のご案内
  • 病院概要
  • 取り組み


安心安全の医療体制

クオリティ&セーフティ

安全な医療を提供することで、皆さまに満足していただくことが当院の使命と考えています。例えば、夜間・休日を問わず、年間を通して24時間緊急対応しています。医師の指導のもとに、助産師と看護師が、安全なお産と皆さまの健康をしっかりとお守りします。

ハイリスク症例の分娩管理や新生児の重篤な症例について、群馬県立小児医療センター総合周産期母子医療センターや群馬大学医学部附属病院などと連携し、緊急時には速やかに搬送することができます。

赤ちゃんの心音を管理する「ベビーセンス」を入院中の全赤ちゃんに使用しています。

日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医が行う内視鏡手術は年間約100件(群馬県で2番目に多い手術数)。

日本生殖医学会生殖医療指導医が不妊専門外来を担当しています。

セキュリティ

患者さまにより安心してご利用いただくための当院の安全に対する取り組みをご紹介します。皆さまと大切な赤ちゃんをお預かりする病院です。患者さま、ご家族の皆さま、ご面会の方々のご協力を心よりお願いし、更に安全管理を徹底していきたいと考えていますす。

●不審者マニュアルの遂行
安全対策委員会で作成している「不審者対応マニュアル」を元に、全職員が意識をもって対応に取り組んでいます。例えば、全ての面会の方に記帳と「面会者シール」の貼付をお願いしています。胸にシールのない方へは、積極的に声をかけさせていただいています。

●夜間警備員の常駐
夜間は看護師だけでなく、警備員による巡回も行っています。

●監視モニターの設置
新生児室を含めた院内各所に監視カメラを設置、常時の監視とレコーダーへの記録を24時間行っています。

●群馬県警緊急110番への非常通報装置の設置
院内4箇所にワンタッチで異常事態を警察署に通報でき、直ちに警察が対応するシステムです。

●赤ちゃんと母親のネームバンドによる確認の徹底
赤ちゃんと母親には、分娩直後にネームバンドを装着。随時確認を徹底しています。

●施錠の徹底
夜間は全ての出入り口が施錠されます。夜間の出入りは正面玄関で警備員立会いのもと行われます。

●キューピットガードの装着
赤ちゃんの連れ去り防止のため、赤ちゃんのネームバンドにタグ「キューピットガード」を装着し、院内のチェックポイントエリアをタグが通過した場合、警報が鳴るシステムになっています。

●情報セキュリティ
患者さまからお預かりした個人情報や診療上の情報は、当院の規定を遵守し保護することをお約束します。

 

エデュケーション

当院は医療従事者の育成に力を入れています。先進的医療や温かみのある看護と、知識・マナーを実践の場で学習してもらい、未来の優秀な医療従事者を育てます。
診療等に同席し研修させていただくことがありますが、同意されない方は、あらかじめお申し出ください。

●臨床研修病院指定(協力型)
(群馬県済生会前橋病院・独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センター)

●助産師学校実習施設
(高崎市医師会看護専門学校助産学科・桐生大学専攻科)

●看護師・准看護師学校実習施設
(高崎市医師会看護専門学校看護学科・高崎健康福祉大学看護学部・高崎市医師会看護専門学校准看護学科)

●職場体験施設
(高崎市内中学校、群馬県内高等学校)

●日産婦専門医制度卒後研修指導施設病院

スタディ

当院では、医療の質の向上を目的とした臨床研究を行い、学会や論文発表を積極的に行います。

臨床研究の中には、

1.研究内容を個別に患者様にご説明して、その上で同意を頂く方式
2.直接の説明や同意をいただく手続きに代えて、研究に関係する情報を公開する方式
があります。2は主としてカルテなどの診療記録を集計するなどして行なうもので「レトロスペクティブな研究(後方視的研究)」となります。カルテ情報を利用することをご同意いただけない場合は、下記担当にご連絡ください。

個人情報の取り扱い
研究に利用する情報からは、お名前、住所など、患者様を直接同定できる個人情報は削除いたします。また、研究成果は学会や学術雑誌等で発表されますが、その際も患者様を特定できる個人情報は利用しません。

新生児「レトロスペクティブな研究(後方視的研究)」


この研究についてお尋ねになりたい点などございましたら下記担当にご連絡くださいますよう、お願いいたします。

研究課題名 新生児出生1時間後の血糖と分娩様式との関連と看護介入
研究の対象 ・2017年1月1日より2018年7月31日までにご出産された患者さんで、①②に該当する方の診療録を使用します。
①妊娠中の耐糖能検査で異常と診断された患者さん
②低出生体重児(出生体重2500g未満),早産児(妊娠37週未満での出生),周産期仮死(アプガースコア1分後6点以下,臍帯血ガス7.15以下)、LAG児として出生体重3500g以上の赤ちゃんをご出産された患者さん
研究責任者 佐藤 雄一
研究分担者 茂木寿江、狩野恵吏佳、齊藤菜々子、本田由佳
目 的 新生児低血糖は神経学的な後遺症を起こす危険性があり,適切な母子管理が必要である。本研究の目的は、一般産科施設で出生した新生児の血糖値出生1時間後の血糖を調査し,分娩様式との関連から新生児低血糖を予防するための看護介入を検討することである。
方 法 当院で出生した新生児の診療録から解析データベースを作成し、分娩様式別に,出生1時間後の血糖値の平均と低血糖症(50mg/dl以下)の割合についての比較と検討を行います。
研究に利用する情報の項目 佐藤病院の診療録
1)お母さん:母体の年齢,身長,非妊時体重・BMI,分娩時の体重・BMI,体重増加,他合併症の有無
2)赤ちゃん:出生週数,分娩方法,体重,アプガールスコア,臍帯血ガス、出生後1時間での血糖値
医学・倫理的配慮 本研究は、ヘルシンキ宣言に従って実施する後ろ向き観察研究であり、患者さんの過去の医療録のみを使用する調査です。
研究対象者の情報は、診療録から個人が特定できないように匿名化し、個人や家族の人権の侵害や、提供者へ危険や不利益が及ばないようにいたします。
研究成果を学会や学術論文で発表させていただくことはありますが、その際も、対象者のプライバシーを保護し、個人が特定できないようにいたします。
本調査はの医学系指針ガイダンス 第12の4の規定に則り、患者さんへの個別の説明は行いませんが、本研究への参加を拒否したい患者さんは,研究担当者にその旨を連絡することで,データの使用を中止できます。
期 間 2017年3月19日(倫理委員会承認後)~2018年7月31日
研究成果から期待されること 産科婦人科 舘出張佐藤病院で出生した赤ちゃんの出生1時間後の血糖値を分娩様式毎に明確にすることで、新生児の低血糖を予防するための看護方法を検討することに役立てられます。
利益相反 本調査は特定企業からの資金援助はありません。

[問い合わせ先]
群馬県高崎市若松町96
産科婦人科館出張 佐藤病院
看護部長 松井 美幸
電話 027-322-2243

低出産「レトロスペクティブな研究(後方視的研究)」


この研究についてお尋ねになりたい点などございましたら下記担当にご連絡くださいますよう、お願いいたします。

研究課題名 当院における低出生体重児を取り巻く関連要因と期待される保健指導の検討
研究責任者 佐藤 雄一
研究分担者 中澤 ひと美、齊藤 菜々子、松井 美幸、坂本 由美子、本田 由佳
目 的 佐藤病院にて、助産師・栄養士から体重管理や食事指導を受け、当院で出産した352名を対象に、正期産低出生体重児の発生要因を明らかにし、正期産低出生体重児の減少に有効な助産師の保健指導を検討することを目的とする。
方 法 後ろ向きカルテ調査
医学・倫理的配慮 本研究の研究者はヘルシンキ宣言に従って本研究を実施しています。本研究では患者さんの医療記録のみを使用します。研究対象者の情報は、医療記録から個人が特定できないように匿名化し、個人や家族の人権の侵害や、提供者へ危険や不利益が及ばないようにいたします。研究結果の公表に際しては、対象者のプライバシーを保護し個人が特定できないようにいたします。
なお、疫学研究に関する倫理指針(平成19年8月16日改正)第3の1(2)②イの規定に則り、患者への個別の説明は行いません。
期 間 2017年4月~2018年3月
研究成果から期待されること 産科婦人科館出張 佐藤病院での正期産低出生体重児の発生要因を明らかにすることで、正期産低出生体重児の減少に有効な助産師の保健指導・予防法の検証に役立てられる。

[問い合わせ先]
群馬県高崎市若松町96
産科婦人科館出張 佐藤病院
看護部長 坂本 由美子
電話 027-322-2243

緊急「レトロスペクティブな研究(後方視的研究)」


この研究についてお尋ねになりたい点などございましたら下記担当にご連絡くださいますよう、お願いいたします。

研究課題名 当院における緊急帝王切開のリスク因子の検討
研究責任者 佐藤 雄一
研究分担者 坂本由美子、石野 紫織、豊岡 由美子、本田 由佳
目 的 佐藤病院で自然分娩した産婦と緊急帝王切開になった産婦を対象として、緊急帝王切開のリスク因子について調査することを目的とする。データは電子カルテより抽出し、当院で電子カルテに登録している緊急帝王切開のリスク因子として考えられる周産期データ内の項目である、妊娠前BMI(18未満、18以上24未満、24以上)、母体のBMI別の体重増加量、年齢、身長、初産経産、合併症の有無、回旋異常の有無、陣痛促進剤の有無、不妊治療の有無、無痛分娩施行の有無、児の出生体重、妊娠週数、臍帯巻絡の有無を調査・検討する。
方 法 後ろ向きカルテ調査
医学・倫理的配慮 本研究の研究者はヘルシンキ宣言に従って本研究を実施しています。本研究では患者さんの医療記録のみを使用します。研究対象者の情報は、医療記録から個人が特定できないように匿名化し、個人や家族の人権の侵害や、提供者へ危険や不利益が及ばないようにいたします。研究結果の公表に際しては、対象者のプライバシーを保護し個人が特定できないようにいたします。
なお、疫学研究に関する倫理指針(平成19年8月16日改正)第3の1(2)②イの規定に則り、患者への個別の説明は行いません。
期 間 2017年3月~2018年3月
研究成果から期待されること 産科婦人科館出張 佐藤病院での緊急帝王切開となった産婦と自然分娩した産婦を比較し、当院の緊急帝王切開のリスク因子を明確にすることで、助産師の今後の保健指導に役立てられる。

[問い合わせ先]
群馬県高崎市若松町96
産科婦人科館出張 佐藤病院
看護部長 坂本 由美子
電話 027-322-2243

公開中の「レトロスペクティブな研究(後方視的研究)」

この研究についてお尋ねになりたい点などございましたら下記担当にご連絡くださいますよう、お願いいたします。

研究課題名 女性を対象とした風疹抗体保有状況に関する調査
研究責任者 佐藤 雄一
研究分担者 池田 申之、竹中 俊文、増山 葉月、本田 由佳
目 的 佐藤病院にて風疹抗体価検査を実施された女性を対象として風疹ウイルス抗体保有状況について、カルテよりデータ抽出し、年代別、非妊娠・妊娠別に状況を調査する。
方 法 後ろ向きカルテ調査
医学・倫理的配慮 本研究の研究者はヘルシンキ宣言に従って本研究を実施しています。本研究では患者さんの医療記録のみを使用します。研究対象者の情報は、医療記録から個人が特定できないように匿名化し、個人や家族の人権の侵害や、提供者へ危険や不利益が及ばないようにいたします。研究結果の公表に際しては、対象者のプライバシーを保護し個人が特定できないようにいたします。
なお、疫学研究に関する倫理指針(平成19年8月16日改正)第3の1(2)②イの規定に則り、患者への個別の説明は行いません。
期 間 2013年6月~2015年3月
研究成果から期待されること 産科婦人科館出張 佐藤病院での風疹ワクチン摂取状況の状況を把握することで、予防法の検証に役立てられる。

[問い合わせ先]
群馬県高崎市若松町96
産科婦人科館出張 佐藤病院
経営企画室 担当 福田小百合
電話 027-322-2243


相談コーナー